ダビングは業者に依頼を | より効率的な作業を|文書の電子化によるメリット

より効率的な作業を|文書の電子化によるメリット

IT

ダビングは業者に依頼を

今やカメラはデジタルカメラが主流になり、8ミリのビデオテープというものはだんだんと薄れ始めています。電化製品店でもビデオデッキを見かけることは減っていき、今やブルーレイやDVDが主流になっています。そうなると困るのが、昔保存したビデオです。たくさんの思い出が詰まっているビデオを見ることができなくなってしまったら最早ただのお荷物になってしまい、見たくても見ることができなくなってしまいます。そうならないためにも、ビデオはDVDにダビングしてもらいましょう。
ダビングと聞くと、借りてきた映画などを他の記憶媒体に保存する行為だと思っている人は多いですが、実際にはこういったダビングもあります。こちらはもちろん法的に何ら問題はないので、ダビングしても罪に問われることはありません。そして、問題のダビング方法ですが、これは自分でも行うことはできますが、そのための機材を購入するのにコストが掛かります。そのため、業者に依頼してDVDにダビングしてもらったほうがコストパフォーマンスは良くなります。
業者を選ぶ時の注意点に関しては、信頼できる業者かどうかということを判断しましょう。業者の中には安い値段で宣伝しておきながら後でオプション料金として追加で金銭を要求する業者もごく僅かに存在します。そのため、ネットで業者の評判を見てから判断しましょう。また、事前に見積を取ってもらってその見積もりから増えないかどうかを確認してから依頼をするというのも有効です。