今のバックアップ | より効率的な作業を|文書の電子化によるメリット

より効率的な作業を|文書の電子化によるメリット

IT

今のバックアップ

ファイルを扱う仕事についている以上、バックアップは絶対にやっておかなければなりません。バックアップを取っていない状態でHDD(ハードディスクドライブ)が破損した場合、データ復旧業者に依頼しなければならないため、非常にコストがかかってしまう上に、確実に復旧できるとは限りません。そのため、バックアップをしっかりと取り、外付けHDDに保存しましょう。
近年では、バックアップの方法は外付けHDD以外にもあります。それが、クラウドサービスです。クラウドサービスは、別の場所のサーバーにファイルを保存できるというサービスであり、大容量のデータ保存を行えます。インターネットに接続していなければファイルを取り出せないというリスクは有りますが、それを補って余りある安心感や保存容量がクラウドサービスにはあります。外付けHDDは確かに保存には適していますし、オフラインでもデータの保管は行なえます。しかし、外付けHDDはHDDと同じく衝撃に弱いため、地震などで上に物が落ちた場合、中のデータも破損してしまう可能性があります。しかし、クラウドサービスを扱っているサーバールームは基本的に頑丈な作りになっているため、安全性は高いです。クラウドサービスを使うメリットはバックアップだけではありません。他にもファイル共有も行えるため他にパソコンにデータを引越しさせるのにも使える他、進捗状況などの共有化も行えるのでスケジュールが組みやすくなるのも隠れたメリットといえます。